国内美容整形の技術について

日本の美容整形術のレベルは高い?低い?

美容整形クリニックや美容整形医の技術が気になります。
分野によって違ってきますが、アメリカやイギリスなどと並んで美容成形技術は高いレベルに達しています。
特に日本では、一重の方が多いので二重手術や目頭の切開、鼻を高くする手術、顎を出す手術、エラを細くする手術の分野においては世界トップクラスと言って良いでしょう。また肌の傷を重視する国民性なので術後の傷を可能な限り小さくし、目立ちにくくする縫合施術も高いレベルに達しています。
アメリカやイギリスなどの場合は、傷跡を気にしない傾向があるため、まぶたやフェイスリフト、豊胸手術などを受けた跡の縫合手術が雑になっており、豊胸手術では医療用ホッチキスを使って止めることも多いです。

海外からも訪れる美容整形希望者

アベノミクス以前の超円高時代に海外での整形が流行った時期では、韓国や東南アジアのタイまで、はるばる整形ツアーに参加する方もいたほどです。しかし整形ツアーを経験した方の中には、修正目的で日本の美容整形外科に訪れる方が増えています。通訳を通じてのカウンセリングだったので思ったことを伝えられなかった、美容整形医の言うこともよくわからなかった、無料修正するにも遠すぎていけないなどが主な理由になっており、患者と医師の意思疎通の重要性もポイントであることがわかります。
アベノミクスにより円安になったことで中国人観光客の姿が目立ちますが、中には美容整形目的で訪日する方もいます。日本の美容整形クリニックのサイトなどを見て訪れる方も増えており、日本の美容整形技術の高さもしられています。

美容皮膚科では、普通の脱毛サロンでは使えない本格的な機器で脱毛ができます!憧れの美肌を手に入れて、周りと差をつけましょう!