外国人と日本人の美容整形に対する考え

日本以外の各国における美容整形に対する考え

まず初めに、日本を除いた海外の各国での美容整形に関しては、各国によってある程度の考え方の傾向はあるようです。ただし、一方で同じ国の中でも日本同様に色々な考え方があり、その人の持っている性格や宗教、身体的条件によって考え方は大きく違うことが判明しています。また美容整形の種類に関しても、顔はいじってはダメだけど胸やお尻を豊かにする手術はOKという国から、自分が幸せになれるのなら顔を整形するのも問題なし、という考え方の国まで、考え方はかなり様々な状態となっています。ただ一つ言えることは、その国の芸能界の中において整形をしている芸能人がどれくらい多いかという事と、芸能人がどこを整形しているかが、国民全体にとっての基準の元となっている傾向があります。

日本人の整形に対する考え

日本は美容整形が盛んだと言われる国と比較すると、美容整形に関して、特に顔にメスを入れるような手術をすることに対しては否定的な考えを持つ傾向の国でした。一方で、顔に関しては少しずつ考え方が変わってきており、特に、あまりにも目立つ大きな顔のほくろの除去手術に関しては、幸せな人生を送るための必要な手術という認識が強まり、女性も男性も除去手術を受ける方が増加しています。その他、顔を含めた全身に関して、大きなコンプレックスを取り除くための手術に関しては問題ないという共通認識が強まっています。ただし、やはり顔に関しては依然として意見が分かれており、顔にメスを入れる事には否定的な意見が多いものの、一重まぶたに強いコンプレックスを持つ人がメスを使わずに行う二重作りに関しては、立派なメイクの一種として市民権を得てきています。

美容整形とは、美容のために形成外科的手法あるいは物理的手法を用いて実施する手術のことをいいます。二重瞼、豊胸、皮膚のしわ取りなどがあります。